ヨガの理想と現実

呼吸をポーズにに取り入れる

ヨガを習い始めてかれこれ10年が立ちます。

最初はただ流行っていたという理由だけで、ヨガスタジオへ行き、

ポーズの練習をしていました。



いろんなスタジオへ行きましたが、

ヨガにはたくさんの種類があって先生によってその練習も異なります。



始めはポーズを重視してヨガを行なっていましたが、

いろいろ学ぶうちに呼吸の大切さを知りました。



呼吸は日頃、無意識でしているためか、

意識して呼吸をするというのは結構難しいことでもあります。

ただ呼吸を繰り返すうちに自分にとって心地よい呼吸を知ることができます。



ヨガの先生によるとこれがいちばん最初の大切なステップだそうです。

自分の呼吸の動きをしっかりと意識して、その中でポーズを行なっていくことによって、

ヨガの効果がまた一段とあがるのです。



最初は先生の行っている意味が理解できませんでしたが、

今はヨガをする前には必ず呼吸を意識することから練習を始めています。



面白いのはいつもいい呼吸ができるわけではなく、

日によって異なることです。

10年ヨガをやったとはいえまだまだ、安定した呼吸とはほど遠いようです。



やはりまだまだ練習が必要ということでしょうか。


 

TOPへ戻る